15分。

4月末で学校も修了し、5月からは“通常の”生活に戻りました。

いや~“通常の”生活がここまでハードだったとは!
何がハードって?そりゃ「子供達の送迎」ですわ。

この4月から長女は韮崎の高校へ。
長男は中学と、硬式野球チームへ入団。
次女は小学4年生になりました。

毎朝、長女のお弁当を作り、7時半には家を出て、まず長女を長坂駅へ。
ここから怒濤の1日が始まり、長男が野球の日は、長男のお迎えを終えて帰宅が夜の9時半。
野球が無くて、塾の日はもっと遅い!!

うむむむむ。

でもそんなハードな日々の中で、楽しみなことがあります。

それは送迎の車の中での15分。

長女を乗せて長坂駅までの15分は、長女と色々な話をします。
時々は愚痴なども長女に聞いてもらい、スッキリすることも。
長女も学校での色々な話を聞かせてくれます。

長男と次女は塾やグラウンドまでの15分。
これまた、それぞれ時間帯が違うので個々に送迎しています。
私と二人だけになると色々と話を聞かせてくれます。
長男はボーイズのことや、学校のこと。
次女は学校のことや塾のことや友達のこと。

超ハードな日々ですが、この15分は私の大切な宝物。

きっと数年後には、懐かしく思える日が来るんだろうなぁ・・・。
[PR]

by cafe-tentukurin | 2011-05-24 08:49 | ゆずのひとりごと  

<< ガラス。 修了&合格しました。 >>