<   2011年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

頑張って下さい!

3月11日の東北関東大震災において、亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方々へ心よりお見舞い申し上げます。

3月11日の地震の時、私は甲府でHPの勉強をしておりました。
学校は中央市。山梨県でも一番震度の高かった「震度5強」でした。
学校の先生の判断で学校に隣接する公園へ避難しましたが、公園までの間、倒れそうになるほどの揺れに、クラスメイトの腕を借りてなんとか避難しました。

長い長い揺れ。
子供達は無事だろうか?
東京にいる両親や姉弟達は?
考えると、とても恐ろしく体がガタガタ震えてしまいました。
地震とともに停電してしまったため、その後の授業は無くなり、すぐに帰宅することに。
携帯が何度掛けても繋がらず、不安を抱えながらの帰宅。
甲府市内は停電によって信号も消え、車の多い市内はパニック状態。
心配で心配で、あんなにドキドキして運転したことは無かったと思う。
甲府から自宅まで2時間かかっての帰宅。
家に入ると、次女が抱きついて来た。
長女と長男は「あ、ママおかえり~。大丈夫だった?」なんて人の心配もよそに呑気な様子。
聞けば地震の時は休憩時間で戻ってきた旦那がいたそうで、子供達は「パパがいたから大丈夫だった」そう。

ほーーーっ。

足から力が抜けるように椅子に座り込んだ。
3月11日。この日は、私にとっても長い長い1日となった。

今なお、避難所に於いても、十分な食事も取れないでいる方々が大勢いると聞き、自分の無力さを感じる。
震災以来、自分に出来ることは無いだろうか?と考えている。
何も出来ないでいる自分がとても情けない。
せめても、寄付や節電で微力ながら出来ることはやろうと思う。
計画停電もやるならやりましょう。
私達に出来ることなら、何でもやりましょう。
被災地の方々、日本中の、いや、世界中の方々が応援しています。
どうか希望を持って、頑張って下さい。
[PR]

by cafe-tentukurin | 2011-03-24 20:30 | ゆずのひとりごと