<   2008年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

工房『月の手』さんご主人・有吉さんのうつわ。

てんつくりんで、お客様が必ずその前で立ち止まる『うつわ』がある。
すぐ近くの工房『月の手』さんのご主人・有吉 亙(わたる)さんの陶器のうつわがそれです。

有吉さんの陶器の中でも私が特に気に入っているのが、これ。
飯碗です。
この鼠志野の飯椀は、てんつくりんでも、手に取って見られるお客様が多いです。
私も自分用に欲しいな、などと考えているのですが、父へのプレゼントとしてもいいかもしれません。
f0178285_13563052.jpg

f0178285_13584116.jpg

もうひとつ、人気があるのがこちらの織部の飯椀と湯のみ。
別々に販売されているのですが、こちらも人気が高いのです。
人気の秘密は、この独特のフォルムと、繊細な模様にあるのかもしれません。
大きさもちょうど良く、私の手の平にすっぽりとはまります。
こんな作家さんの作品で毎日のご飯を戴けたら、こんな贅沢は無いですね。
f0178285_13593181.jpg

f0178285_13595375.jpg

f0178285_140101.jpg

明日から12月。

今年は離れて寂しい思いをさせている両親に何かクリスマス・プレゼントを贈るつもり。

呑ん兵衛の父にはやっぱりコレかなぁ・・・。
これも有吉さんの作品。
鼠志野の酒器ですが、手で持つ部分にくぼみがあり、何とも言えない味があります。
こんな素敵な酒器を贈ったら、ますますお酒を飲んでしまうね、きっと(笑)
f0178285_140351.jpg

クリスマスまでもう少し。
作家さん達の手作りの1点モノ。
こんなに贅沢でお洒落なクリスマス・プレゼントを貰ったら嬉しいですよね?

有吉 亙さんの作品は他にも多数、展示してあります。
ぜひ、一度てんつくりんへいらっしゃってくださいな。

鼠志野の飯椀 2,500円
織部の飯椀   2,500円
織部の湯のみ 2,300円
鼠志野の酒器 3,600円

てんつくりんでは、クリスマス・ラッピングも承ります。
[PR]

by cafe-tentukurin | 2008-11-30 14:05 | 自慢のzakka  

いちごジャムが出来ました♪

昨夜は、旦那が夜勤だったので、ひとりでのんびりとイチゴジャムを作りました。

朝からいちごにグラニュー糖を掛けて、のんびりと半日以上、放置。
いちごからどんどん水分が出てきます。
いちごがひたひたと隠れるくらいまで水分が出たら、いよいよ火を入れます。

いつもはレモンを絞ったものを入れるのですが、今回はいちごと砂糖のみで作りました。
砂糖もいつもは三温糖なのですが、今回はグラニュー糖を使いました。
三温糖+レモン汁のいちごジャムも美味しいのですが、今は色々と試してみたいので。
これが自分のベスト!って言ういちごジャムが出来たら嬉しいなぁ・・・。

いちごは強火で煮ると、アクが出てきます。
いつも、アクは捨ててたのですが、ある時、長女が「ママ!そのアワちょうだい!!」と言って
スプーンごと取ってしまった。
そのアクをなめてみて「これ、美味し~い!!」と大喜び。
以来、私はこのアクをボウルに溜めて、牛乳に入れていちごミルクジュースにしたりしています。
これが本当に甘くて美味しいんだよね♪
うちの子供達はこれが大好きです。

今回は、まだまだいちごが高いので、5瓶しか作れませんでした。
でも、これもてんつくりんで販売します。
いちごジャムは1瓶500円。
これでもほぼ原価です(汗)
でも、ジャム作りは私の趣味でやっているので、売上には関係ありません。
みんなに食べて貰えるだけでいいんです♪
f0178285_11115468.jpg

f0178285_11134051.jpg

ちょっとしたジャム屋さん?(笑)
[PR]

by cafe-tentukurin | 2008-11-29 11:21 | てづくりお菓子  

手ぬぐいトートバッグ、再入荷!

ネットショップでも人気の高い、kenemaのてぬぐいを使ったトートバッグが再入荷しました。

kenemaの手ぬぐい。

日本独特の注染の技法を用いて製造された和晒の手拭いは味わい深く、現代のプリントとは全く異なる風合いを醸し出してくれます。
この手拭いを生地素材として用いたトートバッグ。

『注染』とは明治時代にできた日本独特の染色技法で、特殊な糊で防染した布地に染料を注ぎ込んで模様を描き出す伝統的な型染めの一種です。
裏表全く同じ色に染色できるのが特徴で、複雑な柄やぼかし、多色使いになると熟練した技術が必要になります。また、主として職人による手加工によるため、仕上がりや染め具合は1枚ずつ微妙に違い、現在では貴重な「工芸品」ともいう事ができます。

他のショップなどで売られているてぬぐいを手に取って見てみると、確かにその違いがよくわかります。
なんと言うか、“発色”が違うんです。

お店では古木のフレームにも、この手ぬぐいを入れて飾っていますが、これがとっても素敵なんです。
季節ごとに中の手ぬぐいを替えますが、これもまた楽しい。
立派な古木のフレームに入った手ぬぐいは、お客様にも「こちらのフレームの中も手ぬぐいなんですよ」と言うと、皆さん驚かれます。

我が家では、手ぬぐいは普通にキッチンでも使っています。

今回はこの注色手ぬぐいを使って作られたトートバッグを再入荷しました。
こちらのトートバッグ。
大きさもありますが、何よりもマチがあるので、荷物が多い方にはおススメです。
中には裏地が貼ってあり、ポケットもついています。

再入荷したバッグは人気の高い『七転び八起き』、『錦一尾』、『雪待ち椿』の3種類。
色も豊富です。
ドラマ「セレブと貧乏太郎」のだるま食堂に飾られている、だるまの手ぬぐいがトートバッグになっているんです。
なかなか可愛いですよ♪
f0178285_845397.jpg

だるま柄の「七転び八起き」はこの黒の他に鮮やかな赤と、黄土色があります。
f0178285_10435041.jpg

人気の「雪待ち椿」。とっても綺麗な黒地に椿が素敵で私のイチオシ。
てぬぐいトートバッグは、どれも3,800円です。
八ケ岳のてんつくりんと、ネットショップで販売中です。
[PR]

by cafe-tentukurin | 2008-11-28 22:35 | 自慢のzakka  

やりたいこと。

お店の休日には、やりたいコトがたくさんあるんです。
色々とありすぎて、何からやろうか?って悩んでしまうほど。

来月、12月~来年の3月末までの冬季期間は、お店のお休みが1日増えて
火・水・木曜日がお休みになります。
週休3日の間、やりたいことをやろうと思っています。
週休3日、と言っても、最後の木曜日は翌日からの営業に向けてお菓子の仕込みがあるので、
実際には、週休2日みたいなものですが。

やりたいことのひとつに、今年の誕生日に旦那に買ってもらったミシン。
これを使って、作りたいものがたくさんあります。

寒い地方ならではの保存食作りにもチャレンジしたい。
お味噌作りは、もう3年目になりますが、来年からのお店のランチに備えて、今年はもう少し仕込む量を増やさないといけないな、と思っています。

今、1階のベランダの上には、柿が吊るしてあります。
干し柿にすべく、旦那が氷点下の中、吊るしたものです。
干し柿は大好きなので、早く出来ないかな~?と毎日楽しみに眺めています。
旦那も干し柿に火が付いたのか?ネット付の干し網も買っていました。
今は大根がたくさん売られていますので、切干大根なども作ってみたいな~。

何からやろう?
考えるだけでも楽しみだ♪くふふ。
[PR]

by cafe-tentukurin | 2008-11-27 23:35 | ゆずのひとりごと  

き、きつつきが・・・・・。

お店が始まってから、火曜日と水曜日が私の休日。
サラリーマンのように週休二日です。
週休二日だと、お休みの日が本当に楽しみ♪
アレもやりたい、コレもやりたい・・・とやりたいコトがいっぱいなんです。

今日はいちごジャムといちじくジャムでも作ろうかなぁ?なんてのんびり構えていたら、
旦那が「ママ、大変だよ!!」と血相を変えてきました。
「きつつきが、家の壁に穴を開けてる!!」と旦那。

「へ?穴??」

確かに、ここに引っ越して来てから、時々きつつきが壁をコンコンやっていたのですが、
その度に、壁をドン!と叩いたり、ベランダから大声で叫んだりして追っ払っていたのですが。
外に出て、問題の壁を見てみると、本当に穴が開いてる~!!
しかも、1箇所じゃなくて、3箇所も。
そのうち、1箇所は緑色の断熱材まで見えています(汗・汗・汗)

すぐにうちのオーナーさんへ電話しましたが、留守。
仕方なく、留守電にメッセージを残しておきました。
お店のリフォームでお世話になったリフォーム茅野の茅野さんへ聞いてみると
「きつつきは同じ家にしか来ないので、ここのオーナーさんもきつつきに悩まされていましたよ」
とのこと。
うちにコンコンと来る、そのきつつき君を捕獲するしか方法は無いそうです。

ガーーーーン。

茅野さんの言葉にショックを受けていると、オーナーさんから電話が。
「実は前にもやられていて、補修したんです。直してもまたやるので、今度まとめて補修しますから。」

またまた、ガーーーーーン。

これはやはり、そのきつつき君捕獲作戦でも立てないとダメなのでは?
休日の朝から、旦那と2人で「きつつき捕獲っていったいどうすれば?」と真剣に話し合ってしまった・・・。ハア~。

きつつき君、頼むからヨソへ行ってくれ。by ゆず心の叫びより。
f0178285_16422580.jpg

[PR]

by cafe-tentukurin | 2008-11-26 23:04 | ゆずのひとりごと  

りんごジャムを作りました!

りんごのシーズン真っ盛り!
今週末はりんごの名産地・津金で「津金りんご祭」が行われています。

私は先日戴いたリンゴがまだあるので、青りんごでジャムを作りました。
りんごと、グラニュー糖とレモン。隠し味にちょっぴりシナモンを入れました。
ジャムは果実のみずみずしさが失われないように、煮詰める時間は短めに。
出来上がったジャムを試食すると、子供達も「美味し~い♪」と大喜び。
早速、パンにつけて食べています。

ジャム作りは大好きで、特にいちごジャムを作るのが好きです。
いちごジャムは他のどんなジャムよりも甘い香りがして、
部屋中が甘~い香りでいっぱいになります。

子供達もジャムを作っている時に帰宅すると、甘い香りに大喜び。
我が家の子供達の好きなジャムもやっぱりいちごジャム。
パンに塗るのも好きなのですが、紅茶にたっぷりのいちごジャムを入れる
『ロシアンティー』がとにかく好きなのです。
市販のいちごジャムでこれをやられてはたまりません(汗)
f0178285_1343162.jpg

だからいつもいちごジャムはたっぷりと作り、大きめの瓶に何瓶も作りますが
いつもすぐに無くなってしまいます。

ここ、大泉に引っ越してきて、一番嬉しかったのは
近くに果樹園がたくさんあること。
津金のりんご。
大泉のいちご農園。
ブルーベリー農園。

これから、シーズンごとに売られる色々な果実でジャムを作りたいな。

りんごジャムは1瓶400円で販売しています♪
「欲し~い!」という方がいらっしゃったら、コメント欄でも結構ですよ(直販?・笑)

近いうちに、いちごジャムと、いちじくジャム、キウイジャムなども作る予定です。
少し多めに作って、お店でも販売しようと思っています。
乞うご期待!
[PR]

by cafe-tentukurin | 2008-11-25 21:58 | ゆずのひとりごと  

ナナちゃん来店♪

今日はとっても嬉しいことがありました♪

東京から、保育園仲間の先輩・ナナちゃんがやってきてくれました。
お友達のフェルト作家の高梨さんと一緒に。

ナナちゃんとは、うちの長女と、ナナちゃんの次男くんが保育園で一緒の仲で知り合いました。
ナナちゃんはパソコンも自作しちゃうほどの才媛。
保育園に入ったばかりで、何もわからない私でしたが、色々と教えて戴きました♪

ひさしぶりに会ったナナちゃんはぜんっぜん変わっていなくて(笑)ホッとした。
ナナちゃんの2人の息子達は、驚くほど大きくなっていたけれど、
まりなと同級の次男坊君は、保育園の頃の面影もそのまま大きくなったみたい。
まりなが後から、卒業記念の自分達の写真が載っているマグカップを出してきて
「ほら、全然変わっていないよ~」と言っていたほど。

フェルト作家の高梨さんは、てんつくりんでフェルト商品を販売させて貰っていますが、
今回が初めてのご対面。
フェルト作品そのままの優しそうなお母さん。
今回は、バッグ2点とルームシューズ、水晶入りのアクセサリー、野菜の模様のポットマットなどを新たに持ってきてくださいました。
ネットショップでももうすぐ販売開始です。

高梨さんファミリーと、ナナちゃんファミリー。総勢8名でのご来店。
てんつくりんの大テーブルには椅子は7脚しかありません。
急遽、売り物の石塚さんの椅子をお借りして、8名分用意しました。
ランチ直後の来店だったので、お菓子は食べないかも?なーんて話していたのですが、
とんでもない!!
8名全員で「てんつくりんプレート」を注文してくれました♪
おかげさまで、昨日仕込みをしたケーキが全部無くなりました(笑)
明日・明後日は定休日。
定休日前にお菓子が全部売れるって、本当に嬉しいなぁ・・・♪

ナナちゃん、高梨さん、本当にありがとうございました。
またこちらにいらっしゃった時には、ぜひ寄って下さいね~!
待ってます!
f0178285_14555464.jpg



f0178285_17321376.jpg

[PR]

by cafe-tentukurin | 2008-11-24 23:57 | 嬉しかったこと  

サプライズ・パーティー

東京から千里一家とひろこん一家が来てくれました。
今日は営業終了後にサプライズ・パーティーがあります。
昨日、誕生日だったまりなと、25日に誕生日の千里家長女の楓ちゃんの合同誕生日会。
本人達には、パーティー開始までナイショ。

あいにく、うちの旦那は仕事が忙しく、「たぶん帰りが遅くなる」とのこと。
パーティー参加は無理だろうけれどと、立派なケーキを焼いてくれました。
まりなが冷蔵庫を開けてケーキを発見してしまうと危険なので、
ケーキは1階のお店の冷蔵庫にしまいました。
f0178285_13533022.jpg

食べ物は千里さんと2人で持ち寄り。

ひろこんのご主人GENさんは仕事があり、日帰りになってしまいましたが
大人4人+子供6人の総勢10人。
さすがに我が家にも座る椅子がありません。
仕方ないので、「てんつくりん」を開放。
てんつくりんの大テーブルだと10人でも余裕で座れます!

さて、お風呂も入り、食事の用意も完成。
ケーキにローソクを灯して、テーブルへ。
電気を消し、みんなで「ハッピーバースデー」の歌を歌うと、
あれれ?うちの旦那が帰ってきた!
急遽、椅子をもうひとつ加えて、総勢11人でパーティーの始まり。

さすがに11人の食卓はうるさい!!(爆)
でも、子供達も嬉しそう。
サプライズでお誕生日をお祝いしてもらった、まりなと楓ちゃんは
2人ともちょっぴり恥ずかしそう。
お祝いでもらったデコッティを見るなり「明日一緒にやろうね~♪」と嬉しそう。

子供達の食事が終わると、あとは大人の時間。
ワインを飲み、久しぶりに集まったメンバーで、楽しく語らいました。
宴が終わったのは真夜中。
うううむ。明日は営業だぞー。
しかも、私はスコーンの仕込みがあるんです。
トホホ。これから一人寂しく仕込みをしま~す(泣)
[PR]

by cafe-tentukurin | 2008-11-23 23:51 | 嬉しかったこと  

長女の誕生日♪

今日、11月22日(いい夫婦の日)は、長女の誕生日です。

誕生日のお祝いは先日やってしまったけれど、今朝は家族のみんなから
「お誕生日おめでとう」と言われ嬉しそうなまりな。

まりなが、学校から帰宅するなり、「ママ~!まりな、今日は今までで一番嬉しい誕生日だったよ!」とすっごく嬉しそう。
聞くと、学校へ行くとクラスの黒板に「happy birthday まりな♪」と書かれていたそうで、
お友達が朝、まりなが来る前に書いてくれたものらしい。
他にもお友達にプレゼントを貰ったり、1日中、超ハッピーだったらしい。

まりなを妊娠中は、妊娠7ヶ月の時、切迫早産で入院。
出産までほとんど寝たきり。
出産後は、粉ミルクアレルギーで粉ミルクはまったく受け付けないことがわかり、粉ミルクの代わりに大豆で出来たミルクを飲ませましたが、これがマズイ!
おまけに作っている時からヘンな匂い。
値段も粉ミルクの倍以上する代物で、肝心のまりなが全然飲まない!!
こりゃイカン!と図書館に行き、どうすれば母乳をたくさん出せるのか?調べました。
そこで、「桶谷式母乳相談室」というところを発見。
それから毎週2回は、御茶ノ水にあった母乳相談室へまりなを抱いて通いました。

桶谷式母乳相談室は、全国にたくさんあるようですが、私は御茶ノ水と北千住教室に行きました。
どちらの先生も素晴らしいゴッドハンドをお持ちで、私の胸を触るやいなや、ピューっと母乳が飛び出すのです。
どの先生にも「あらまぁ~あなたは3つ子でも4つ子でも母乳だけで育てられるわよ~」と笑われました。
実際、まりなを抱えて母乳相談室に通うようになってからは、母乳だけで育てることが出来、そらや、リンは粉ミルクは飲んだこともありません。
本当に今思い出しても、母乳相談室の先生には感謝せずにいられません。

そんな苦労をして生まれたまりなが、もう13歳。
月日の経つのはなんて早いのかしら?
最近は少しづつ、難しいトシゴロになりつつあります。
最近は色々な話が出来て、まりなとの関係が少し変わってきたな~なんて嬉しくなります♪

まりな、13歳のお誕生日おめでとう♪
[PR]

by cafe-tentukurin | 2008-11-22 23:33 | 嬉しかったこと  

我が家のお気に入りメニュー。

最近、我が家でハマっているメニュー。
それは『中華粥』です。

少し前に朝テレビを見ていたら、中華の料理人さんが「プロの味」と称して中華粥を作っていました。
中華粥は大好きな私。
昔は、横浜の中華街へ行き、お粥の名店「謝甜記」に何度も通ったことがあります。
ここのモツ入りのお粥が好きだったな~♪
お粥には、油条(ゆじょう)という棒状のお麩を揚げたものを入れると美味しいのですが、自宅でそこまで本格的には出来ません(笑)

ル・クルーゼを購入した時からいつかは自分で作ろうと思っていた中華粥。
材料は鶏肉・ネギ・しょうが・細ネギ・塩・米のみ。
これならばいつでも作れます♪

実際に作ってみると、カップ1杯のお米が驚くほど増えるのです。
我が家は5人なので、カップ1・5杯のお米で作ります。
夕食に各自3~4杯ほど食べても、まだ余り、翌日の朝ごはんでも食べられます。
少ないお米で、たくさん作れるし、何よりもショウがとネギがたっぷり入っているので、体が温まり、寒い日には最高です♪

このお粥、お米を3時間水に浸しておくのを忘れなければ、いつでも作れます。
子供達も大好きで、時々リクエストが入ります。
何よりも、旦那がすごい気に入って、中華粥にすると、喜んで食べています。
我が家の大きなル・クルーゼの鍋になみなみと出来上がった中華粥。
食べるときは、これに細ネギと、ゴマ油をたっぷりとかけて召し上がります。
大泉の寒い冬も暖かメニューで乗り切ろうっと!
f0178285_2274124.jpg

f0178285_2293584.jpg


ひろこんのリクエストにお答えして・・・レシピを公開します。

お米・・・・・・1カップ
鶏肉(出来れば骨付きのモモ肉が良い。無ければ骨なしのモモ肉でも大丈夫!)・・・250g
ショウガ・・・・・20g
長ネギ・・・・・・20g
水・・・・・・・・・・100cc
塩・・・・・・・・・大さじ2分の1(これはお好みで調節してください。我が家は薄味です)
水・・・・・・・・・2リットル

薬味として
細ネギ・・・・・適量
ゴマ油・・・・・適量

1.まず、お米を分量外のお水に3時間以上浸しておきます。

2.ショウガは千切り、長ネギは白髪ネギにして(中心部分ももったいないので入れてOK)、
  100ccのお水に浸けておきます。(これも出来れば1時間くらいは浸けたほうが良い)

3.鶏肉を骨と皮と身に分けて、身は1cm角程度のこま切れにします。
  骨なしモモ肉の場合でも皮と身に分けて下さいね。

4.大きめの鍋に2リットルの水を入れ、切った鶏肉を数回に分けて入れ、強火で煮ます。

5.続いてお米も鶏肉同様に数回に分けて鍋に入れます。

6.少し煮たら、ショウガと長ネギを浸しておいた水だけを入れ、10分ほど煮ます。

 注:中華のシェフはこのお水しか入れていませんでしたが、貧乏性の私はショウガと長ネギも   10分後に入れてしまいます・(笑)。

7.焦げないように時々かき混ぜながら、お米が花が咲くまで煮ます。

8.塩で味を整え、出来上がり~♪

9.食べるときに薬味(細ネギ・ゴマ油)を添えていただきます。
  本当はパクチーなども入手出来れば、入れたら美味しいだろうな、と思います。
  さすがに大泉でパクチーは入手不可。ガーーーーン。
[PR]

by cafe-tentukurin | 2008-11-21 22:08 | 今夜のメニュー