さようなら、アルファード!

19歳で免許を取ってから、車の運転が大好きでした。
姉から日産ラングレーを譲り受け、その後、弟と一緒に買ったスカイライン。
結婚してからは、三菱のデリカ。
そして今回お別れすることになったトヨタ・アルファード。
どれも良い車でした。

中でも今回お別れしたアルファードは本当に素晴らしい車でした。
オフロード向けのデリカのディーゼルターボからの乗り換えだったので、
最初にアルファードに乗った時は「なんだかフワフワして気持ち悪くなりそう・・・」と心配だったけれど、その後そのフワフワの雲の上を走るような乗り心地がとても快適で。

購入するきっかけになったのは、東京都のディーゼル規制。
このディーゼル規制のおかげで、大事に乗っていたデリカがもうあと2年しか乗れなくなる!という事実に、「売れるうちに売っておこう」と乗り換えを決心。

最初、旦那はVOXYにするつもりで、トヨタに試乗の申し込みをしたのですが、
「ついでにアルファードにも乗ってみませんか?」という営業マンの魔の手口(笑)にまんまと引っ掛かってしまった私たち。
アルファードの試乗車に乗るなり、子供達が「うわ~っ♪ひっろーい。僕こっちがイイ!」と長男。
結局、デリカの下取りをかなり頑張って貰えることになり、めでたくアルファードを買うことに。

アルファードを買うときは、どのタイプにするか?本当に悩みました。
あんまり悩んで、明日、営業マンが来る!って日の夜は、明け方までカタログを見ては悩んでいました。
旦那が途中で起きてきて、私がこんな時間まで悩んでいるのに呆れて「もうママの好きにしていいよ」と言ってまた寝床に戻っていきました(笑)
晴れて自分で決めたアルファード。
大切にしようと、納車されてすぐにシートにはカバーを掛けました。

今日は朝から旦那がアルファードを最後にピカピカに磨き上げてやる!と掃除をしていました。
二人で車内のシートカバーを外すと、納車されてすぐにカバーをつけたため、綺麗なアルカンターラのシートが健在でした♪

ひろこんのご主人・GENさんが工務店と打ち合わせついでに、うちのアルファードを東京に運んでくれることに。
いよいよ、打ち合わせも終わり、GENさんが車の引き取りに来ました。
もう夕方でしたが、最後にアルファードと一緒に家族5人で写真を撮ってもらいました。

アルファードが4WDだったら、まだまだ乗っていただろうと思います。
でも、2WDのアルファードはやっぱり街乗りの車なんですね。
適材適所。
予定の10年の半分も乗ってあげられなかったのは、本当に残念ですが、今度も良い人に乗って貰えるといいな~と思います。

新車で購入して4年半。
その間、色々なところへ遠出したけれど、本当に快適で楽しいドライブでした。
8人乗りなのに、10人も乗せて遠出することもありました。
一度の事故も無く、一度のエンジンなどのトラブルも無かったアルファード。
本当にありがとう♪

「いつかまたアルファードに乗りたいね」と子供達と見送りました。
赤いテールランプが離れていくと、寂しくて涙が止まらなくなってしまった。
大事にしていた愛車との別れはいつも寂しくて哀しいね。

次の車もアルファードと同じように可愛がってあげたいと思います。
f0178285_0264436.jpg

[PR]

by cafe-tentukurin | 2008-11-05 23:46 | ゆずのひとりごと  

<< 小枝拾いから始まる1日・・・。 母へのプレゼント >>